給料が少なすぎて会社を辞めました。こんな月給は非常識ではありませんか?





給料が少なすぎて会社を辞めました。こんな月給は非常識ではありませんか?

私は41歳の男で、40歳のときにパート雇用で前就職先に時給800円で入りました。

その会社は「就労支援A型事業所」といい、一般企業へ障がい者を就労できるようにサポートをする会社です。

そこでの肩書が「生活支援員」というもので、障がい者へのパソコン指導、作業の監督などをしていました。

なぜパートで働いていたのかと言いますと、そこで働いている間に正社員として働ける職場を見つけるために、就職活動をすることが目的でした。

しかし、なかなか就職先が決まりませんでした。そんな中、会社から正社員への登用を打診されたのです。正直、この会社ではそれほどの給料は期待ができないと思っていましたが、正社員として働かせてもらえるのであればと、了承しました。

そして、その1週間後、就労条件を提示されて途端に唖然としたのです。

基本給が13万。職能手当が2万。住宅手当が1万。合計で16万。

この会社には、土曜日も半日出勤の日があって、年間休日は96日。

ボーナスについては、提示されたときには出すと言っていましたが、結局1年間出ることはありませんでした。つまり、16万×12ヶ月で年収が192万円ということになります。

社員登用後、私は1ヶ月も経たないうちに「辞めたい」と社長に言いましたが、止められてしまいました。

とりあえずは、社員になれたのだから、地道に働いていれば良い事がある。と自分に言い聞かせて、出勤していましたが、昇給が4月にあるはずなのに昇給はなく、ボーナス月は8月のはずなのに、まったく話がないまま過ぎ去っていきました。

結局1年間もの時間をこの会社の少ない月給で働き、無駄な時間を過ごしてしまいました。

いくら未経験だからといって、40歳の男が基本給13万というのは、ありえないのでは?

職能手当が2万、住宅手当1万というのは、基本給が少なすぎるため、手当てになっていませんよね?

合計で16万では、所得税や住民税、厚生年金や健康保険、雇用保険を差し引かれると手取りは12万あまりです。

このような手取りはフリーター以下ではないのでしょうか?

正直言って、この会社を訴えたいくらいの気持ちです。

回答1

過去を振り返らず、再就職に向けて頑張ってください。

有効求人倍率が少し悪化してしまったとはいえ、まだまだ求人が多くなっている今が絶好の機会ですよ。

回答2

あなたが満足できる職場を見つけて、採用が決まった時点で退職されたらいいでしょう。

家族のためにも、次の職場が決まってから辞めた方がいいと思います。

今の会社も特別おかしい職場とは思いませんが、あなたの能力に見合った給料が出ないと思っているのであれば、職場を変えた方がいいと思います。

繰り返しますが、家族のために、次の職場が決まったら辞めましょうね。

それまでは、今の職場であなたの能力を発揮してください。

回答3

そもそも、労働条件をしっかり確認しないで、正社員になることを決めてしまったあなた自身が非常識だと思いますが、そのあたりはどのようにお考えなのでしょうか?

昇給やボーナスは、状況によってはなくても仕方がないもので、それ以外について最初の条件通りなのであれば、会社に問題があるのではなく、雇用条件も確認せず社員になることを承諾したあなたに問題があるのだと、私は思います。

会社へ責任転嫁してしまっているのでは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加