毎月家計が赤字です。主人の給料が月17万、税金、年金を支払うと生活ができないのではと不安になるほどです。

毎月家計が赤字です。主人の給料が月17万、税金、年金を支払うと生活ができないのではと不安になるほどです。

主人の給料が低いため、私も働きたいと思っているのですが、もう少しで6ヶ月を迎える子どもがいます。

何ヶ月か前にも短時間のアルバイトをしようとしていましたが、子どもが母乳を飲まなくなったり、よく寝る子なのですが寝つけなくなってしまったりして、仕方がなく短時間のアルバイトも諦めました。

月に食費8千円、主人のお小遣い1万5千円、主人と子どもの保険1万2千円、水道光熱費1万2千円、携帯代2人分1万7千円、ケーブルテレビ料2千5百円、区費1万円、ガソリン代1万円、子ども用品費3千円、生活必需品費3千円、家賃1万円、主人のバーテンダー協会費2千円、車の車検など3千円、灯油代1万円、主人の奨学金返済2万円、月々の税金総額6万5千円 です。

家賃を切り詰めるために、親戚が所有している空家を月1万円で借りていて、家賃は安く済みますが、古い家ですので、お湯を沸かすものがボイラーなどではなく灯油で沸かすため。灯油代がかかってしまいます。そして、かなり田舎に住んでいるため、車が2台ないと移動できません。そのため、ガソリン代も結構かかってしまうのです。

また、主人の車が古くて故障してしまい、購入するしかない状況なのですが、そのお金がどうしても用意できません。携帯代をもう少し抑えたいですが、固定電話を引いていない分の通話代がかかり、高額になってしまうのです。こういう場合、固定電話を引いた方が安くなるのでしょうか?

あと、どこを切り詰めていくべきなのでしょうか。

回答1

旦那さんの給料や奨学金の返済などは、結婚前に分かっていたことだと思いますから、もっと計画性を持ったほうがいいでしょうね。

携帯については、スマホであればアプリの無料通話を使うこと、ガラケーであればよく電話を掛ける人を指定すれば安くなるプランなども検討すること。

ケーブルTVは契約を切って、旦那さんのお小遣いも減らすこと。

そして車は1台を原付に変えてしまえば保険料も安くなるでしょう。

お知り合いなどに安く売って譲ってもらうことはできないのでしょうか?

お金が足りていないということは、今の生活が収入に見合っていないのです。

車の故障などについては、万が一に備えて貯金をしておくべきですね。

行き当たりばったりで生活ができてしまうなら、誰も苦労はしていません。

あれも必要、これも必要ではなく、生活を続けていくために省いていかなければいけません。

子どもが成長して、あなたがパートでも働きにいけるようになったら、また改めて考えればいいことです。

回答2

あなたはよく頑張っていらっしゃると思いますよ。

まず、ケーブルテレビ料の2千5百円は解約しましょう。

それは楽しみのひとつだとおもいますが、今その余裕は生活していく上で必要のないものです。

生活必需品代3千円については、5百円でも下げることに努めましょう。

そして奨学金の返済が2万円という高額なので、ここは旦那さんのお小遣いをあと2千円下げられるように、旦那さんと話し合ってください。

携帯代については、今は携帯の時代になっているので固定

電話にしなくてもいいと思います。

ただ、あなたは家にいると思うので1番安いプランにするためn、携帯会社へ相談してみてはいかがでしょうか?

1番の問題なことが、月々の税金総額6万5千円と高額ですが、何故こんなにかかってしまうのでしょうか?

これだけでも5千円から7千円くらいは月々下がると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加