『部下より給料が安いんです』部下より給料が低いなんてことがあるのでしょうか?





部下より給料が低いなんてことがあるのでしょうか?

私は会社に入社して4年目で主任になり、6年目で課長に昇進しました。

おかげで部下が年上なだけでなく、働いた年数も圧倒的に長いという関係から、課長になっても給料が部下より低いという奇妙な現状です。

仕事は部下の3倍以上もあり、責任はかなり重い仕事です。

考えてみると、昇給はある程度はありますが、課長に与えられる管理職手当てが数千円というのが原因かと思われます。管理職手当が数千円ということはあるのでしょうか?

回答1

給料の逆転ということは十分にあり得ることです。

あなたが課長に就任した後と就任する前の基本給の差を考えてみてください。

基本給は急激に上がりましたか?

上がっていないのであれば、仮に管理職手当が10万程度出たとしても、平社員の残業が10万以上あったなら、課長と平社員の給料は逆転してもおかしくありません。

あなたが言っているとおり、管理職手当が数千円の会社は少数でしょう。

しかし、課長になってから部下の3倍以上の仕事をしているということが不思議です。

確かに、責任は重くはなりますが、普通は課長になれば、いわば汗をかく仕事は減ることが当たり前です。

作業的なことはすべて部下に任せ、課長は部下の管理と仕事を取りまとめ、部長や上司などへ報告をすればいいのです。

例えば、業務実績の報告をするときも、部下に報告書を作成させ、あなたはそれを確認して上司に提出すればいいのです。

残業手当もつかないわけですから、定時になったら部下に何時まで残業して、これを仕上げておいてと指示をし、あなたは帰宅すればいいのです。

もちろん、無理がある指示はいけませんし、残業手当はつけないといけませんよ。

そうして自分と部下のリーダーにならなければ、管理職は務まりません。

私は管理職をしていますが、常にそういうふうに考えています。

部下と一緒になって同じ仕事をやっているのでは、管理職としての業務が上乗せされてしまうだけですから、仕事量が3倍にも4倍にも増加することになります。

言い方は悪いかもしれませんが、自分は楽をして部下に仕事をさせ、自分の課を上手く取りまとめること。それが有能な管理者なのです。

回答2

そのような経験があります。

給料は、年齢給で出してくる場合があります。

わかりやすく言うと、高卒から10年間勤めた28歳の方と、中途採用で入った35歳の方とでは、35歳の方のほうが給料が高いです。

ちなみに、年齢給だけですと、高卒18歳で入った方が報われないため、ほとんどの会社が年齢給や職能給などと、能力に応じた給料などがあります。

しかし、給料の半分は年齢給が占めているため、どうしても年下のほうが低くなってしまいます。

また、一般職の方は残業代がつくため、より給料が高くなりやすいですね。

ただ、管理職が数千円というのは聞いたことがありませんが(笑)

せめて8万円くらいあるのが一般的ではないですかね?

そして、部下の3倍以上というのは働きすぎです。

管理職というのは、量より質の仕事のはずなのに。

お疲れさまです。

回答3

6年間で課長に抜擢というのはあっても、その管理職手当が数千円というのは普通あり得ないと思います。よほど特殊な事情がある会社なのだと思います。

回答4

それはどんなおかしな会社なのでしょうか?

普通は年齢に関係なく、一般、主任、課長と昇進した時点で給料は遥かに上がるはずです。

あと、課長なのであれば会社側になるので、年収になると思うのですが?

回答5

これはよくある話ですね。

管理職は残業手当が出ないため、部下のほうが残業手当が出る分、給料が高いということはよくありますよね。

しかし、私の知っている限り、課長に昇進して管理職手当で数千円というのは聞いたことがありませんね。

質問2

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13129431268

私の給与が部下よりも低いとわかって衝撃を受けました。

先日、人事にその旨を相談し、大変驚かれて急遽部長と面談をすることになりました。

効果的な話の仕方、同じような経験がある方に質問いたします。

私は某アパレル企業の地方店舗で、販売員として3年間勤務しておりましたが、地方店舗の閉鎖により退職いたしました。

退職後、どうしても前職への想いを断ち切れずに、4年前に上京して同じ企業に再就職しました。

2年間下積み経験した後に実績を認めてもらって、昨年から副店長代行という役職になりました。

しかし、代行という理由で手当はついていません。

最近、会社の制度が変わって新入社員の基本給設定が高くなりました。

ただし、在籍社員の給与は低いままなのです。

そのため、役職がある私よりも新入社員の部下のほうが給与が高いのです。

また、私と似ている立場の人は他にはおらず、他の副店長は勤続年数が長いため給与も高いのです。

昇給してもらうため、効果的な話し方のアドバイスをお願いします。

回答1

退職届と履歴書を両方記入して持っていくこと。

私を新入社員にしてください。お願いします。

また、一から頑張りますので。

ということでどうでしょうか。

手続きが面倒だから、新入社員と同額にしてもらえるかも?

新入社員は幹部候補なのではありませんか?

あなたは一般入社ではないですし、特別枠なのですよ。

言いくるめるだけです。

回答2

それは難しいと思います。

学歴や社歴、勤続年数などもそうですし、新卒と中途採用では給与が違うことはよくあることでしょうから。

私がいた会社でも高卒、専門卒、大卒で最初の基本給が違いましたし、高卒であれば役職がついても大卒のほうが給与が高かったですからね。

その高卒の方よりも給与が低いのが中途採用です。

店長代行であればともかく、副店長代行というのはあまり聞かない役職ですね。

年齢もありますし、会社が気持ち程度で肩書きを付けてあげたという感じだと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加